クレジットカードを賢く使う方法

キャッシングなら銀行カードローンがお得です!

キャッシングなら銀行カードローンがお得です!

キャッシングと聞いてすぐに思い浮かぶのは消費者金融かも知れませんが、銀行カードローンの方が金利の面でお得です。

 

消費者金融のキャッシングを利用すると、100万円未満の利用では年利18%の金利が適用されることがほとんどですが、銀行カードローンではほとんどが最高でも約15%程度で利用できるのが特徴となっています。

 

この約3%の違いが実際にどれくらいの金額の差になるのかと言うと、30万円を1ヶ月借りた時利息が年利18%では4,438円ですが、15%だと3,698円になり、およそ740円の差にあります。
もっと長期的な利用で考えた場合、同じく30万円を1年間の12回で均等返済するケースでは、年利18%の金利では合計返済額は330,044円になり、利息はそのうち30,044円です。これが15%の金利になると、返済額の合計は324,925円で、そのうち24,925円が利息分です。このように、30万円を1年間借りると消費者金融と銀行カードローンでは5,000円以上もの利息の差が出てくるのです。

 

キャッシングはもちろん金利だけが全てという訳でもありませんが、金利を重要と考えるなら銀行カードローンの方がおすすめなのは間違いありません。

 

尚、銀行カードローンでも一部では消費者金融並の金利設定をしていることがあるので、そのようなカードローンには注意してください。銀行なら必ず消費者金融より金利が低いという訳でもないので、利用の前にはスペック表などを見て、きちんと金利について確認しておきましょう。

 

いざという時のキャッシングはクレジットカードから

喫緊で支払いを済ませなければならない商品やサービスに対して、現金のみ可能・クレジット決済が不可能という場合、一瞬頭を抱えたくなってしまうケースもあるでしょう。
もちろんそれは、すぐに自由に出来る現金が当分作れないというパターン。ただ手元にクレジットカードさえあれば、それを利用したキャッシングにより乗り切れる可能性は極めて高いのです。
クレジットカードによるキャッシングはすでに引落し先の銀行口座も指定されている上、審査もかなり簡略化出来る為、借入れに対する面倒さはかなり軽くなっているもの。
当然安定した収入の証明という大前提が立ちはだかるものですが、少なくともクレジットカードを日々活用している程の信用を有していれば、そう大きなハードルとはならない筈。
もう一つ、キャッシングの利用に関しての前提条件として、多くの会社が取り入れている、借り入れ後30日間の無利息返済期間を最大限活用する、というポイントが挙げられるでしょう。
役1ヶ月間の間に楽に返済出来る程度の借入額で支払いの目標を達するというのが理想的なのですが、それも叶わない程の現金が必要となる際は、より長期間での返済を視野に入れ、トータルでの利息が低くて済むカードローンを始めから選択肢に入れる、といった対策を取った方が良いケースもあります。
いずれにせよ、どれだけの現金が必要となるのかを正確に把握し、その額によって最善の返済方法が取れる融資のサービスをチョイスすべきなのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ